いつまでも若々しい姿を保てる最新施術とは

最新の記事

見た目が華やかに

骨格は外人とまったく違いますので日本人の場合一重だと少し印象が薄くなってしまいます。しかし整形で二重をすれば目を大きくそして華やかな見た目にできるので印象も変わるでしょう。

多様化している

美容外科でも使われているヒアルロン酸注入は胸だけではなくお尻にも活用できます。目的としてはボディ全体のバランスを整えるという目的もありますがリスクもなく気軽に受けられます。

ピックアップ

昔から行われていた

痩身効果が期待できる脂肪吸引は昔から昔から行われていた施術です。そして現在は更に進化を遂げており、リスクがない痩身方法として人々から人気を集めていったのです。また肌にも傷が残りません。

» readmore

誰でもある

せっかくお金をかけるなら満足いく結果を。美容整形は口コミを見てクリニックを選ぶのがオススメです。人気クリニックの口コミはこちら。

自分の顔がきらいだった

ものごころが着いた頃から、自分の顔が大嫌いでした。 中でも一番嫌いだったのが、一重で、細くて、左右の大きさの違う目でした。 雑誌の表紙の裏などに載っていた、美容整形外科の広告で、ぱっちり二重まぶたになった人の写真を見て、自分こうなりたい、今すぐにでも整形したいと思っていましたが、当時美容整形なんて一般人がやることではなく、子どもの顔を整形するなんてとんでもないことで、両親に「整形したい」と言うことができませんでした。 高校生の頃「これを使っているうちに、自然と二重まぶたのくせがつく」というアイプチを見つけ、使ってみました。 初めて使った時は、使い方が下手で左右の目の大きさを同じくらいにするのが難しかったし、まぶたがつっぱっているような不自然な感覚がありました。

整形した方が、面倒がない

アイプチをして学校へ行くと、急に大きくなった目に気付かない人はいません。 親しい友だちには「美容整形じゃないよ。アイプチしてみた。」と言いましたが、大して親しくもない人にまで興味本位で「美容整形したの」と訊かれるのはとても嫌でした。 体育の授業でプールに入るとアイプチがとれてしまうので、授業が終わると急いで着替えて、トイレで塗りなおしたりもしました。 こうして何ヶ月も使い続けてみたけれど、私のまぶたには二重まぶたのくせはつきませんでした。 その何ヶ月かの間に、自分の二重まぶたの顔を見慣れてきて、益々一重まぶたの顔が嫌になりました。 就職の際の履歴書にもアイプチ二重の写真を貼り、働き初めて最初のボーナスで二重まぶたの整形手術をうけました。