いつまでも若々しい姿を保てる最新施術とは

見た目が華やかに

 日本人の骨格は欧米人に比べると扁平な形状になっています。頭蓋骨の形も凹凸が少ない形状になっていますので、あっさりとした醤油顔になっている人が多いです。とても涼しげで知的に見えるというメリットがある一方で、冷酷そうな印象を与えてしまうというデメリットもあります。特に、目元が一重まぶたになっていると、冷たそうな印象が強まってしまいます。そのため、昔から目元を二重まぶたにする美容整形手術を受ける人がたくさんいました。二重まぶたにする整形手術を受けると、露出される眼球の面積が広くなるため、パッチリとした魅力的な目になることができます。昔は、まぶたにメスを入れて二重まぶたを作る美容整形手術が採用されるのが一般的になっていましたが、ここ数年は、糸でまぶたを留めて二重のラインを作る、メスを用いない美容整形手術を受ける人が多くなってきています。

 まぶたにメスを入れたり、まぶたに糸を通して裏側でその糸を留めておくようにすれば、半永久的に持続する二重まぶたを手に入れることができます。しかし、単に二重まぶたにしただけでは、自分が理想とする顔になれないケースが案外多いです。人間の顔の美醜というのは、顔を構成している1つ1つのパーツがどのような形状になっているかということで決まるのではなく、それぞれのパーツの調和によって決まってくると考えることができます。実際のところ、ただ二重まぶたにする整形手術を受けただけでは、かえってアンバランスな印象になってしまうケースが少なくありません。したがって、今後は、二重まぶた形成術だけではなく、他の美容整形手術も一緒に実施されるようになるケースが増えるのではないかと考えられています。